« 2011年2月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年3月

カニはどんな食べ方が好き?

ブログネタ: カニはどんな食べ方が好き?参加数拍手



最近、冷凍弁当ネタから脱線していますが、冷凍弁当ネタでブログを書くのも結構しんどいので、とりあえずコマネタでブログを書いてみます。coldsweats01



カニはどんな食べ方が好き?



ゆで・焼き・お刺身・クリームコロッケ…カニの調理方法はさまざま。あなたは、どんな食べ方が一番好きですか? 「焼きタラバが最高」「ゆでた毛ガニはミソまで絶品」などの好みを教えてください。旅先で食べた忘れられないカニ料理のエピソードもぜひ!



この中から答えを選択

 one焼きガニ
 twoゆでガニ、カニ鍋
 threeにぎり寿司、ちらし寿司
 fourそのほか
 fiveカニは食べない



oneの焼きガニって今まで食べたことないですねぇ~。そのままカニを焼くと、どういう味になるんだろう・・。きっと香ばしいカニになるのかな。sign02 食べたことがないので、何とも言えません。



私が好きな食べ方は、やっぱりtwoゆでカニかなぁ~。で、カニの身を取って食べる、カニ味噌は鍋で頂くというのが、一般的なカニの食べ方だと思います。ヽ(´▽`)/



threeのにぎり寿司のカニですが、カニって握り寿司にするとなんかイマイチのような気がします。なんかこう、味が淡白というか、さっぱりし過ぎてインパクトがない。そんな訳で、にぎり寿司とか、ちらし寿司のカニは余り好きではありません。



fiveのカニ嫌いってたまに居ますよね・・・。カニ美味しいんだけどなぁ~。カニ食べれない人はちょっと損した気分になるかも知れませんね。でも、他にも美味しい物たくさんあるので、カニが食べれなくとも別にどうってことないかも知れません。



そんな訳で、私のカニの好きな食べ方は、 twoゆでガニ、カニ鍋 です。o(*^▽^*)o



| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯵の冷凍 アジの冷凍

鮮魚を買ってくるのはいいのですが、買ってきた日に全部食べない場合もあります。その場合、魚をそのまま冷凍にすると、内臓の部分が傷み易くなるので、3枚に卸してから冷凍にしましょう。

例えば、鯵(あじ)ですが、アジも3枚に卸せば、冷凍にして1ヶ月程度保存しておけます。その手順を説明します。

鯵・あじ・アジの冷凍保存の仕方

(1) 先ず、鯵(あじ・アジ)の鱗を落とします。

(2) 次に鯵(あじ・アジ)の頭を落とします。

(3) 腹を包丁で切って、内臓と血合いを綺麗に取ります。

(4) 血合いは背骨の付け根にあるので、綺麗に取り除いてください。

(5) 鯵(あじ・アジ)の尻尾にゼイゴと呼ばれる、硬い皮膚がありますが、そのままで。 

(6) 鯵(あじ・アジ)の腹側から背骨まで切れ目を入れます。

(7) 鯵(あじ・アジ)をひっくり返して、背中から背骨まで切れ目を入れます。

(8) 尻尾のゼイゴの部分から包丁の先を貫通させ、背骨に沿って、尻尾から頭方向へ包丁を入れます。

(9) ひっくり返して、(6)~(8)を繰り返します。これで3枚に卸しの完成です。

(10) 後は、切り身を水につけ、水がついた状態でラップに包んで冷凍しましょう。

※ 切り身に水をつけないで冷凍すると長持ちしません。必ず、切り身に水分がある状態で冷凍しましょう。sign03

にほんブログ村 お弁当 応援お願いします(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住んでみたい街はどこ?

ブログネタ: 住んでみたい街はどこ?参加数拍手

住んでみたい街はどこ?日本国内で考えると、雪の降らないところがいいですねぇ~。ヽ(´▽`)/



春夏秋冬を感じることも重要ですが、歳を取ってくると、寒さに耐えられなくなってきます・・・。(^-^;



なので、暖かい南の方の街がいいかなぁ~と思います。



でも、住めば都だし、本当はどこでもいいのですが、



あえて言うならば、



沖縄あたりでしょうか?



でも、沖縄に行ったことがないし、交通が不便だなぁ~と思うし、行ってみないと何とも言えませんね・・・。(;´д`)トホホ…



沖縄に住んでいた人に話しを聞くと、



台風の風の影響が凄い

害虫がたくさん居る

島から出るにも大変(交通費も結構掛かる)



などなど、実際に住んでみると、いろいろな問題があるようです。



で、お金に余裕があるのであれば、私は横浜のみらとみらいの近場に住みたいですね。(*^-^*)



あそこは町並みも綺麗だし、交通の便もいいし、雪も殆ど降らないし、夏はそれなりに暑いがクーラーがあれば十分快適に過ごせる街だと思いますので、やっぱり総合的に考えると横浜かなぁ~。



でもお金が十分にないと、ちょっと生活するには厳しいかも知れません。coldsweats01



そんな訳で、住んでみたい街は、横浜に決定。sign03(◎´∀`)ノ



にほんブログ村 お弁当 応援お願いします(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「 ○○食べ放題 」 、好きなのはどれ?

ブログネタ: 「○○食べ放題」、好きなのはどれ?参加数拍手



「○○食べ放題」、好きなのはどれ?



会計を気にせずお腹いっぱい♪ 「食べ放題」に行くとしたら、あなたはどのメニューを選びますか? 「お寿司で全種類制覇してみたい」「肉ならエンドレスで食べられる自信アリ!」など、意気込みをアツく語ってください。ごひいきのお店情報や、思い出の満腹エピソードなどもぜひ!



この中から答えを選択

oneお寿司
two焼肉・しゃぶしゃぶ
threeかに
fourスイーツ
fiveそのほか



先ず、お寿司の食べ放題!これは、何処にでもよくあるサービスで、食べ放題に入ると、ウニ・イクラ・トロを連発して食べます。が、しかし、シャリがあるのでそんなに食べれない、、、更に塩分が強いので喉が渇いてしまい、直ぐに水を飲んでしまう。なんだかんだ言ってもお寿司は余り食べれません。┐(´д`)┌ヤレヤレ



次、焼肉・しゃぶしゃぶの食べ放題。これは、美味しい焼肉に当たったことがない・・・。coldsweats01 確かに、食べ放題なので、質を余り望みませんが、これってありsign02的な質の焼肉が結構多いです。ちゃんとした焼肉屋の肉とは比べられない肉を出しているところが多いので、余り好きになれません。しゃぶしゃぶも同様で、野菜を食べると直ぐにお腹一杯になってしまうんですよね・・・。



次のかにの食べ放題ですが、タラバカニがあるところははっきり言ってお徳です。タラバカニがないところのカニ食べ放題はイマイチなので、タラバガニがあるところをチョイスしましょう。って、タラバガニが食べれるカニの食べ放題はいままで1回しか見たことがありません。なかなかないですよね、、、タラバガニの食べ放題があるお店。



最後のスイーツですが、私は甘い物が大好きなので、昔よく利用していました。スイーツを死ぬほど食べるぞsign03と意気込んでお店に向かっても、やっぱりケーキは余り入らないんですよね・・・。血糖値が上がるせいか、直ぐにお腹が一杯になります。coldsweats01 まぁ、スイーツのお店はたいていフルーツも置いてあるので、そっちを食べることになるのですが、フルーツも直ぐに入らなくなくなります。



そんな訳で、どれも食べ放題はイマイチと思えますが、



そんな中で私が一番好きな食べ放題は、



なんと

なんと



oneお寿司



です。coldsweats01 お寿司の食べ放題は、先ずいくらを食べるのをやめた方がいいです。なので、ウニ&イクラコースではなく、ウニ尽くしコースにする。その後、ある程度油の乗った魚を食べ、もう食えないぃ~という一歩手前で止めるというのがいいですね。寿司は種類がたくさんあるし、栄養も豊富で、肉よりヘルシーでいいですよね。



そんな訳で、寿司が食べたいです・・・。( ´,_ゝ`)ハイハイ



にほんブログ村 お弁当 応援お願いします(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットとする温かい飲み物は?

ブログネタ: ホッとする温かい飲み物は?参加数拍手

ホッとする温かい飲み物は?

寒い季節は、温かい飲み物を口にするとホッとしますね。あなたの心まで癒してくれるホットな飲み物は何ですか? 「自家製ホット梅酒」「ミルクたっぷりのカフェラテ」などのオリジナルレシピや、「販売機で“おしるこ”を見つけると思わず買ってしまう」といったエピソードもぜひ教えてください。

この中から答えを選択

①ほっこり日本茶
②まったりココア
③ぽかぽかスープ
④じんわり熱燗・お湯割り
⑤そのほか

寒い季節はやっぱり、ちょっとだけ甘めのまったりココアですね。happy01 ほっこり日本茶は、飲んだ時はさっぱりしますが、どことなくパワーが感じられません。ぽかぽかスープは、ちょっと飲んだ後に後味が残りそうだし、熱燗や・お湯割りは、なんかホットする飲み物としては感覚がずれているようにも思えます。

私の好きなココアの作り方は、

先ず、牛乳を温め沸騰する寸前になったら火を止め

砂糖を適量入れます。入れ過ぎると甘くなるので適度です。

最後にココアパウダーを適量入れて、軽く熱して沸騰前に止める。

これで美味しいコクのあるココアの完成です。sign03happy01


にほんブログ村 お弁当 応援お願いします(*^-^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年12月 »